学びの轍レポート

専門学位 保健衛生学 経営情報学で腹に落ちたこと

子供のトレーニングに負荷は必用ありますか?

よくサッカーなどで、クラブチームが毎日練習しています。

大人など高校生以上なら理解できますが、小学生などに激しいトレーニングをしている現場を目にします。

ここで激しいトレーニングとは、サッカーなら膝や足首、野球なら肩や肘などに長時間負荷をかけ、必要以上のストレスの荷重を与える事です。

スポーツ指導者の多くに、長い時間激しいトレーニングをすればうまくなると思っている人がみられます。ここでは、ゴールデンエイジと言われる小学生の過剰トレーニングについて述べたいと思います。

 

まず大人と子供の骨の違いを見てみましょう。

下のレントゲン写真は10歳の子供の膝の写真です。膝の関節の上に骨折のように見えるのが成長線(骨端線)といいこどもの骨の特徴です。

 

 

f:id:yoshioohira:20161109002826j:plain

 

次のレントゲン写真は17歳の膝の写真です。上の写真と比較してみてください。

まだうっすらと成長線がありますが上の10歳のレントゲンと比べてしっかりした骨になっています。

 

f:id:yoshioohira:20161109003326j:plain

 

このようになかなか子供の骨を見る事はできません。

ゴールデンエイジの子供の骨は非常に弱いのです。骨はこれからどんどん長く太くなろうとしています。そんな成長盛んな時期に、大人と同じような負荷をかけた練習は、子供にとって過剰負荷ストレスとなり、骨や軟骨の障害が起きてしまいます。

 

このレントゲン写真は10歳の肘の写真です。同じように成長線があります。

f:id:yoshioohira:20161109004056j:plain

 

 

このレントゲンは17歳の肘のレントゲンです。まだ弱そうな骨ですが成長線はありません。

f:id:yoshioohira:20161109004111j:plain

 

ゴールデンエイジは一部の関節に過剰な負荷をかけると、関節周辺の軟骨を壊したり、成長線を壊したり、靭帯を炎症させてしまいます。

 

スキャモンの発育曲線に見られるように、ゴールデンエイジは神経系に作用するトレーニングメニューが必要だといえます。

決して関節に過剰負荷をかけてはいけません。

 

 

 

 

 ご清聴ありがとうございました。