学びの轍レポート

専門学位 保健衛生学 経営情報学で腹に落ちたこと

マーケティングリサーチ(市場調査)の必要性

 ビジネスにおいて、消費者を理解し、何を求めているかを予測し、新たな購買欲求を見出す事は大変重要です。

しかし、消費者を理解することは、今もって難しいことです。なぜ消費者を理解することは難しいのでしょうか。

何故なら、人の消費行動は人それぞれに違うからです。

経済学や心理学、社会学マーケティングと学説や考え方はありますが、その学説すべて消費者をすべて解明することはできないからです。

 なぜなら、人それぞれおかれた環境や考え方潜在意識、感性、思想、味覚、五感などまちまちであり、それが人間であるからです。

 

 人の欲求とは、マズローの五段階欲求学説にもあるように、欲求も段階を経て変わるからです、それは、安全欲求から始まり、食欲、愛欲、自己実現へと段階へて欲求が変わります。

消費者はその欲求を満たすために消費者となり消費行動をします。自分自身である物や、サービスを欲しても、その行動の途中に何かの刺激や潜在的な考え方で急に消費行動が変えられます。

この不確かな行動は誰も予測できません。消費者の意思決定過程は問題認識、選択物の探索、選択物の評価、購買決定、購買後の評価の過程をとります。

その過程で、刺激に影響され自分の今おかれている経済的な事情、生活環境、趣味好み感性に影響されます。また刺激の受け止め方も人のよって違います。

 

 マーケティング等で、人の欲求を突き止めることにより、新たな欲求を作り出すこと、またマーケティングリサーチを行う意味は、消費行動を理解することは難しいためだからです。

商品やサービスを買わない理由は、買いたいけど買えない、それはお金がない、買いにいけないこの理由もいろいろで、また買いたくないから買わない、もう少し新製品を待つ、安くなるまでまつ、特に欲しくない、好みに合わないとかいろいろだからです。

以上のように、消費者の購買行動は単純ではない為にマーケティングリサーチが必要になると思います。

 

ご清聴ありがとうございました。